【基本の夏キャンプ持ち物リスト】初心者キャンプ女子が持っていくべきもの


こんにちは、キャンプ歴5年のていちゃん@emiteiです!

今でこそ私は1年に1〜2回はキャンプに行くようになって、持っていくモノは自然と準備できるようになりましたが、初めてキャンプに行く時は「キャンプって何持って行けば良いの…?」とまったく想像がつきませんでした。

特に女性は普段使ってる化粧品などをうっかり忘れると色々困りますよね…!

そこで、今回は私がキャンプを5年続けて分かった「キャンプ初心者の女性が夏のキャンプに持っていくべき持ち物」をご紹介します!

キャンプに必要な持ち物は1年で最も装備が軽くて済む、今回ご紹介する夏キャンプの持ち物が基本です。
この記事のリストに載っている持ち物さえ持って行けば最低限のキャンプはできます。
あとは季節に応じて防寒着や備品をプラスで足していけばOK!

まずは今回の夏キャンプ編で必要最低限のキャンプに必要な持ち物を確認しましょう!

持ち物チェックリストもつけているので、キャンプに行く前にぜひチェックしてみてください。

【必需品】これさえあればキャンプできる持ち物

□テント
□タープ
□寝袋
□マットレス
□手持ちライト
□ランタン
□テーブル
□イス
□食器類
□着替え
□洗面用具
□防寒着
□寝巻き

【あると便利なモノ】これがあると安心、さらに快適な持ち物

□ウェットティッシュ
□フライパン、ガスコンロ
□ストールやブランケットなどの防寒用具
□枕

【女性は欠かせないモノ】女性ならではの持っていくべき持ち物

□日焼け止め
□メイク落としシート
□コンパクトサイズの化粧水、乳液、シャンプー・コンディショナー
□汗拭きシート(香りつき)
□パットつきキャミソール
□寝る時用の靴下

合わせて読みたい

【必需品】これさえあればキャンプできる持ち物

まずはキャンプをするために最低限必要なモノです。
これさえ準備すればとりあえずキャンプはできます!

テント

テントを選ぶ時は以下の点に気をつけて選びましょう。

  • 組み立てやすさ
  • 女性だと組み立て方が複雑だと難しいので、簡単に設置できるモノをおすすめします。

  • 大きさ
  • よく使う人数プラス1人分くらいの大きさがあると使いやすいです。

  • デザイン
  • 最近はおしゃれなテントなどもたくさんあるので、自分のお気に入りのテントを見つけてみましょう!

  • 防水性
  • キャンプに雨はつきもの。
    万一雨が降ってもしっかりテントを守ってくれるカバー付きや防水性が高いモノを選びましょう。

私が普段知り合いに使わせてもらってるのがノースフェイスの6人用テントです。

ちなみに今気になっているのが「NORDISK(ノルディスク)」のテント。

三角帽の形がサーカス団のようでかわいくて、中も広々。
ポール式なので女性でも簡単に組み立てられるのも嬉しい!

タープ

タープとは、組み立て式の日差しや雨から守るための屋根です。
これがあれば、外にいながら屋根の下でイスに座ってゆっくりしたりテーブルを広げてご飯を食べることができます。

通常はテントの横に一緒に設営し、テントとタープを合わせて自分たちの敷地とすることが多いです。

タープも組み立て方や形によって色んな種類があります。
テントよりも組み立ては簡単なものが多いので、大きさや形など、気に入ったデザインのものを選びましょう。

私がいつもキャンプで使っているのはコールマンのスクリーンタープです。
(いつも知り合いが持ってくるタープを使わせてもらってます)

これの良いところはなんと言っても個室のようになるので横にも布の壁が作れること。
それにより、

  • プライベートな空間となり、周りの人が気にならない
  • 虫や風から守り、天井だけのタープに比べて横から雨が入ってくるのを防ぐ
  • 暑くなったり風を通したい時は壁をくるくると畳んで開放することもできる

のです!
プライベートな空間を重視したい人にはおすすめです。

▼他にもこんな形のタープもあります

寝袋(シュラフ)

寝袋は季節によって厚さや防寒性を変えると快適なのですが、何個も買えない!という人はやや厚めの温かさを重視したモノをおすすめします。

なぜなら、キャンプ場などは比較的高原や山にあることが多く、真夏でも夜は冷え込むところが多いからです。

私は一度、苗場のスキー場で7月にキャンプしたのですが、夜は本当に真冬並みに冷え込み、ダウンや毛布が必要なレベルでした。
キャンプで寒くて眠れないのは一番辛いので、なるべく温かい寝袋を買いましょう。

おすすめの寝袋はホグロフスです。

これはめちゃくちゃ軽いのにとても温かくてかなり重宝してます。

マットレス


(参照:http://www.captainstag.net/goods_M-3318.html

寝袋の下に敷くマットレスです。
キャンプすると、屋外なので夜中の間に夜露で地面が濡れてきます。
テントにもよりますが、大体テントの中も地面が湿ってきてしまうので、銀シートやマットレスは必須です!

マットレスがあることでクッションにもなってより快適に寝ることができます。

銀シートは100均などでも買えますが、できればしっかりしたマットレスを買うことをおすすめします。
安いモノだと寝袋が湿ってきてしまう恐れがあるので注意してください…!

手持ちライト


(出典:https://ec.coleman.co.jp/onlineshop/

キャンプすると夕方以降は辺りが真っ暗になるので、外のトイレなどに行く時に持ち運べるライトが必要です。
意外と忘れる人が多いので、忘れずに用意しましょう〜!

小さめの懐中電灯などでも良いですが、私のおすすめはヘッドライトです。
ヘッドライトだと両手が空くので、トイレに行く時や料理していて暗い時など何かと便利なのです!
キャンプ以外にも登山など他のアウトドアシーンにも使えます。

ちなみに私はモンベルのヘッドライトを首から下げて使っています(笑)
頭につけるのはちょっと…という方も、首から下げて必要な時に手で照らせば問題なく使えます。

モンベルのヘッドライトは明るさがかなり強く、値段もお手頃なのでおすすめです!

ランタン(固定で置く明かり)


(出典:https://ec.coleman.co.jp/onlineshop/

ヘッドライトの他に、タープやテントの中に固定で置いておくランタンも必須です。
キャンプの夜は電球もないのでとにかく暗いので、明かりは多い方が便利です。

忘れがちですが、夜テントの中でも着替えたりするのに明かりがないと見えないのでテント用の小さめのライトもあった方が良いです。

ランタンもLEDやガソリン、ガスを使うものなど色々ありますが、以下のように使い分けることをおすすめします。

【タープや屋外で使うランタン】
→明るさ重視のガソリン・ガス式

▼おすすめはこちら

【テーブルの上や食卓で使うランタン】
→ややコンパクトなサイズでオレンジ色の雰囲気重視なモノ(写真映えもばっちり!)
→キャンドルをいくつか並べてもおしゃれ

▼おすすめはこちら

【テントの中で使うランタン】
→落ちたり倒れても安全なLED式

▼おすすめはこちら

テーブル

テーブルは大きく分けて高さのあるテーブルか、低めのローテーブルの2種類に分かれます。
どちらかはイスとの組み合わせや、好みの雰囲気によって選びましょう。
組み立てが簡単なことも大事です。

素材も木でできたものを選ぶと温もりがあって写真映えもするのでおすすめです。

テーブルとイスを全て背の低いローモデルで統一するものおしゃれです。

▼おすすめはこちら

イス

イスは大きく2種類に分かれます。

【リクライニングチェア】
メリット
・組み立てが簡単(広げるだけ)
・ひじ掛けやドリンクホルダーがついてる場合が多い
・背もたれが深くしっかり休める

デメリット
・重くて大きいので持ち運びに不便

▼おすすめはこちら

【ローチェア】
(メリット)
・軽くてコンパクトなので持ち運びが便利
(キャンプ以外にも登山やフェス、自宅でも色んなシーンで使える)
・ローテーブルとも相性が良い
・座り心地も意外と良い

(デメリット)
・組み立てがやや大変

▼断然おすすめは私も使っている「ヘリノックス」

食器類


(出典:https://ec.coleman.co.jp/onlineshop/

せっかくのキャンプなら、ご飯も紙皿や紙コップなどではなく、ちゃんとした食器を使いたいところ。
プラスチック製のカラフルな食器なら食卓も華やかになります。
食器が統一されていると、一気におしゃれなテーブルになりますよ。

▼おすすめはこちら

▼このスノーピークのマグカップは私も愛用していて、とても軽い・薄い・熱が伝わりにくいので持っても熱くない、とかなりおすすめです!
取っ手部分が折りたためるのでコンパクトに収納できて、登山などする人にも便利です!

着替え

夏は特に汗をかきやすいので、Tシャツ1枚くらい余分に持っていきましょう。
服装のポイントは

  • 動きやすい
  • 汚れても良い
  • すぐ乾く
  • 軽い

こと、をおすすめします!

洗面用具

普通の一泊旅行と同じように、洗顔やシャンプー、ボディーソープなどを持っていきましょう。

防寒着

夏とはいえ、キャンプ場は夜になるとかなり寒くなることが多いので、防寒着は持っていった方が良いです。

寝巻き

夜寝る時は昼間の服とは別でキレイな服装に着替えると、スッキリして快適に眠ることができるので欠かせません。

【あると便利なモノ】これがあると安心、さらに快適な持ち物

つづいて、プラスして用意した方が便利なモノ。
私が5年キャンプしてみて「あった方が良いな」と感じたモノばかりなので合わせて準備することをおすすめします!

ウェットティッシュ

ご飯を食べる時はちょっとした汚れを拭きたい時など、何かとあると便利です。
バッグに入れて持ち運びましょう。

フライパン、ガスコンロ

初めてのキャンプなら料理は無理せず、買っていったり作ったものを持っていっても良いと思います。

でもせっかくなら簡単な料理やコーヒーなどを淹れてみると、ぐっとキャンプ感が増しますよ!

スノーピークのフライパンセットなら大小サイズが揃うので便利です。

ストールやブランケットなどの防寒用具

夏であってもキャンプ場の夜は冷えることがほとんどです。
特に夜は外で焚き火を囲んだりBBQをする場合はしっかり防寒用具を用意しましょう。

厚手のストールやブランケットであれば膝にかけたり包まったり、寝る時に掛け布団やまくら代わりにもなるので便利です!

寝袋で寝る時は枕はなくても大丈夫なのですが、枕がないと眠れない人や、より快適に眠りたい人は持っていきましょう。
空気を入れて膨らますタイプを選べば持ち運びが軽くて場所も取らずに便利ですよ。

▼ロゴスのクッションは二つ折りの枕なので、ある程度の高さと硬さが欲しい人にはおすすめ。
広げればクッションにもなって便利。

▼こちらはバルブを開くだけで自動的に空気が入る枕。

【女性は欠かせないモノ】女性ならではの持っていくべき持ち物

最後は、女性ならではのキャンプに持っていった方が良いものを紹介します。
いざ行ってみると、「あれも持ってくれば良かった」という細かいものがあるのが女性ならでは。
忘れずにチェックしましょう!

メイク道具

キャンプの時もメイクをしたい人は忘れずに持っていきましょう。
ただ、私の経験だと一日キャンプをしていると、特に夏は汗をかいたり日焼け止めを何度も塗り直すのでベースメイクはすぐ落ちてしまいます。

なので、私はいつも日焼け止め効果を高める意味でベースメイクをし、チークは塗らないか塗っても薄塗りにします。
アイメイクも汗などで落ちやすいので、軽めにつけます。

また、私はキャンプ場だと夜はお風呂に入らないことが多いので(翌朝、近くの日帰り温泉に行きます)、メイクはささっと落とせた方が便利ということもあり、全体的に軽めにメイクをします。
ただし日焼け対策はしっかりする、という感じです。

そのため、メイク道具は通常のフル装備ではなく、最低限使うものを持って行き、なるべく荷物を減らします。

日焼け止め

夏キャンプでは絶対に欠かせないのが日焼け止めです。
一日中外にいることが多いので、SPFやPA数値の高いものを持っていきましょう。

メイク落としシート

私の場合、キャンプの時は夜しっかりお風呂に入れないことが多いので、キャンプ場の炊事場でささっと顔を洗う程度です。

なので、簡単にメイクを落とせるシートが欠かせません!
軽くこれでメイクを落とした後に顔を洗えば時間短縮にもなります。

コンパクトサイズの化粧水、乳液、シャンプー・コンディショナー

車をテントの横に止められるオートキャンプでない場合は、できるだけ荷物を軽くして持ち運びをラクにしたいところ。

なので、私は化粧水やシャンプーなどは家で使っている大きなものではなく、コンパクトなサイズを選んで持っていくようにしています。

あとは化粧品を買うとよくもらえる、使い切りのサンプル品などもキャンプの時にちょうど良いので持っていくことも多いです!

汗拭きシート(香りつき)

夜にお風呂に入れない時や、夏は日中でも汗や泥などで肌がベタつくことがあるので、汗拭きシートもあるとかなり便利です!

できればお風呂の代わりになるような、香りや爽快感のあるシートをおすすめします。
私はよく日中に汗をかいた時や夜寝る前に使ってさっぱりしています。

パットつきキャミソール

これはあまり思いつかない人も多いと思うのですが、女性はあると便利です!
夏のキャンプってとにかく汗が気になるところ。

とは言っても洗濯もあまりできないし、普段の下着が汗まみれになったり泥で汚れたりするのはちょっと嫌だったのです…。

そこで私はユニクロのパット付きキャミをいつも着ていきます。
これなら汗を吸い取る肌着代わりにもなるし、汗をかいたら新しいものに取り替えればOK。

私は昼間着る日数分と、夜寝る時用に1つ持っていきます。
そうすれば寝る時にはいつもキレイなキャミソールをつけて快適に寝ることができます!

あとはキャンプだとテントの中で女性同士でも大人数の中で着替えることもあるので、見えても良いように気軽につけられる点もおすすめです!

寝る時用の靴下

これは忘れがちなのですが、夏でも夜はかなり冷えることもあります。
そんな時特に寒いのが足元。

靴下があるのとないのでは温かさが全然違います。
日中履くものとは別で一足用意して常にキレイな靴下で眠れるようにすると快適ですよ。

持ち物チェックリスト

これでばっちり!
夏のキャンプに必要な持ち物が揃いました。
もう一度おさらいしてみましょう!

【必需品】これさえあればキャンプできる持ち物

□テント
□タープ
□寝袋
□マットレス
□手持ちライト
□ランタン
□テーブル
□イス
□食器類
□着替え
□洗面用具
□防寒着
□寝巻き

【あると便利なモノ】これがあると安心、さらに快適な持ち物

□ウェットティッシュ
□フライパン、ガスコンロ
□ストールやブランケットなどの防寒用具
□枕

【女性は欠かせないモノ】女性ならではの持っていくべき持ち物

□日焼け止め
□メイク落としシート
□コンパクトサイズの化粧水、乳液、シャンプー・コンディショナー
□汗拭きシート(香りつき)
□パットつきキャミソール
□寝る時用の靴下

忘れ物はありませんか?
キャンプへ行く前にもう一度見直して、快適なキャンプを楽しみましょう〜!

▼この記事もおすすめ!

夏フェス初心者必見!フェス歴7年の私がオススメする服装と持ち物リスト

【apに行ってみたい人必読】夏フェス歴7年の私がap bank fesをオススメする9の理由

The following two tabs change content below.
ていちゃん

ていちゃん

自然女子インスタグラマー/ブロガー🌻ブログやインスタで自然や四季を感じるスポットを発信してます➡@emitei 世界中の美しい景色を体験して発信したい。たまにwebライターと田舎フリーランス養成講座で運営スタッフやってます。 ■詳しいプロフィールはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

ていちゃん

自然女子インスタグラマー/ブロガー🌻ブログやインスタで自然や四季を感じるスポットを発信してます➡@emitei 世界中の美しい景色を体験して発信したい。たまにwebライターと田舎フリーランス養成講座で運営スタッフやってます。 ■詳しいプロフィールはこちら