【レビュー】最強の水筒は「KINTO(キントー)」のトラベルタンブラー!おすすめする5つの理由

SPONSORED LINK


こんにちは!フリーランスのライター/ブロガーとして仕事を始めて1年経った、ていちゃん@emi_t38です。

この1年間、会社員の頃に増して、家でも外でもいつだってパソコンに向かって作業する生活が続いています。

長時間のパソコンでの作業って、集中力との勝負ですよね…。

私は集中力が本当にないので、作業の時には気分転換にもコーヒーや紅茶などの飲み物が必須です。

でも、長時間飲み物をお供に作業していると1つ問題が…。

それは、

飲み物の温度がすぐ冷めてしまうこと・・・!!

私はホットコーヒーは特に「熱々」で飲むのが好きなので、マグカップに入れたコーヒーが30分もすれば冷めてしまうのがずーっと残念でした…。

そこで、冷めにくいタンブラーや水筒を探していたところ、私にぴったりな最強の水筒を見つけました。

それが今回ご紹介する「KINTO(キントー)」のトラベルタンブラーです!

実際に買って使ってみたら、保温・保冷効果はもちろんのこと、他にも便利な機能がたくさんあったので、その魅力をたっぷりご紹介します!

寒い時期と暑い時期に大活躍だった実際の体験談や使ってる写真も交えながらご紹介するので、優れた水筒やタンブラーをお探しの方はぜひ読んでみてください!

最強の水筒に求める条件

まず、「最強の水筒」と言っても、人によって水筒に求める機能は違うかと思います。

そこで、今回は先ほども少しお伝えしましたが私が水筒を選ぶ際にこだわった点を挙げておきます。

似たような条件の水筒を求めている方には、KINTOのトラベルタンブラーはぴったりな可能性が高いので、参考にしてみてくださいね。

【私が水筒選びの際にこだわった条件】

  • 保温、保冷効果が高い
  • コンパクトで軽くて持ち運びしやすい
  • 見た目もシンプルでおしゃれ
  • 無駄な部品がなく洗いやすい
  • 容量は350〜500mlくらい

 

実際に、この条件に合う水筒はないかな、と思ってツイッターでこんな投げかけをしてみました。

すると、優しいフォロワーさんが教えてくれたのが、KINTOのトラベルタンブラーでした!

そして、調べてみるとこのわがままな条件すべてを見事にクリアしている優秀すぎる水筒だったのです!!

▼購入はこちらから

KINTO(キントー)とは?

まず、私はKINTOってそれまで聞いたことなかったのですが、ここで少し紹介しますね。

1972年、滋賀県彦根市にて創業。
食器の卸売業としてスタートし、2010年から国内のみならず欧州、アジア、北米、中東などへの商品展開をはじめ、 2016年に欧州子会社KINTO Europe B.V.をオランダ・アムステルダムに設立。
テーブルウェアやドリンクウェア、インテリア雑貨などの企画開発を手掛けています。

タンブラー以外にも、上記のような商品を手がけています。

①「KINTOのトラベルタンブラー」は、真空二重構造だから保温も保冷もバツグン!

それでは早速、KINTOのトラベルタンブラーをおすすめするポイントを紹介していきます!

まずなんといっても、私が水筒を選ぶ上で最重要視していた「保温・保冷効果」です。

これが、KINTOのトラベルタンブラーは完璧でした…!

「ボトル本体はステンレス製の真空二重構造。
外びんと内びんの間を真空状態にすることで、対流による放熱を防ぎます。
更に内びんの外側を金属箔で被うことで、熱を中に閉じ込め保温保冷効果を高め、いつでも美味しい温度でリフレッシュできます。」

(引用:KINTO / TRAVEL TUMBLER

また、購入した時についていた説明書には以下のように書いてありました。

  • 真空二重構造
  • 保温65℃以上を6時間保持
  • 保冷8℃以下を6時間保持


つまり、例えば朝8時にタンブラーに入れたコーヒーも、午後2時頃までは65℃以上の熱々で飲めるということですね。

長時間入れたてのコーヒーを味わいながら仕事ができるのは、想像以上に快適でした…!

もちろん自宅にいる時も、「冷めないマグカップ」として愛用中。

長年の悩みが解決して本当に嬉しい…!

②「KINTOのトラベルタンブラー」は、飲み口がなめらかで360度どこからも飲める

これは、実際に買うまでは試し飲みはできないので、買ってから良いと思った点です。

まず、飲み口が絶妙な薄さ&特殊な加工がしてあってとってもなめらかなのです!

一般的な水筒やタンブラーって、ステンレス製むき出しで硬かったり、厚すぎてどうしても「水筒で飲んでる…!」という感じが拭えなかったのですが、これは違います。

なんというか、、ゴム製に近い肌触りというか、つるつるとしていて、厚すぎず薄すぎない絶妙な厚さなので、まるでグラスやマグカップで飲んでいるかのように「すっ」と口に入ってくるんです。

更に、水筒だとよくあるのが飲み口が一箇所しかないもの。
でもKINTOのトラベルタンブラーは360度どこからでも飲めるので、飲む時に飲み口を探さなくても良いのです!

これはアウトドアシーンや、自転車に乗っていてぱっと飲みたい時などにもとても便利。

私はもともとあまり飲み口はあまり重視してなかったのですが、使ってみると確かに他の水筒などとは全く違い、とっても飲みやすいです。

今ではこの飲み口がお気に入り!

意外に飲み口にこだわりがある人も多いと思うので、ここまで繊細な水筒は他になかなかないと思います。

③「KINTOのトラベルタンブラー」は、氷がラクラク入って飛び出ない

3つ目のおすすめポイントは、大きめの氷もラクラク入る口の広さです。

外側のフタの他に、中蓋もあるのですが、この中蓋の口が広めにできているので氷を入れるのも楽チンです。

さらに、この中蓋が優れもの!

これがあるおかげで、氷が飛び出してこないし、熱い飲み物が勢いよく出てくることも防いでくれるのです。

なので、急いで飲みたい時や、例えば自転車に乗りながらでも、ストレスなく最後まで飲み干すことができます。

④「KINTOのトラベルタンブラー」は、頑丈なステンレス製と表面のパウダーコーティングでアウトドアでも使える

4つ目のおすすめポイントは、頑丈で耐久性に優れている素材で作られていることです。

ボトル本体は錆びにくく耐久性に優れた18-8ステンレスを採用、カラータイプの表面には、傷がつきにくいようパウダーコーティングを施しています。

私が持っているのはホワイトカラーですが、この表面のパウダーコーディングが意外に嬉しい。

というのも、まず手に持って滑りにくいし、私はキャンプやフェスなどのアウトドアも大好きなので、ちょっとした衝撃にも強い耐久性は重宝します。

⑤「KINTOのトラベルタンブラー」は、オフィスでも使いやすいシンプルでおしゃれなデザイン

5つ目のおすすめポイントは、シンプルでおしゃれなデザイン

これは私がもとから求めていた条件。

特に女性は、私のように「せっかく持つならお出かけの時やオフィスにも持ち運べるようなおしゃれなデザインが良い」という方も多いと思います。

KINTOのトラベルタンブラーは写真のように、シンプルで無駄なデザインや装飾などはないので、服装やシーンを選ばずにどこでも持ち運べます。

カジュアル過ぎないデザインは、アウトドアにはもちろん、オフィスやフォーマルな場所にも安心して持っていけます。

洗いやすい

また、無駄を削ぎ落としたシンプルな構造はお手入れのし易さにも繋がります。

一般的な水筒は注ぎ口の部分が突起やプッシュボタンなどがついていて、洗いにくいモノも多いですよね。

ですが、KINTOのトラベルタンブラーは中蓋も口が広くシンプルな形なので、洗うのがとっても楽チンです!

シンプルなのに、フタにはちゃんとパッキンも付いてるので水漏れの心配もありません。

本体のボトル部分も太さがあるので、中を洗う際もブラシ型のスポンジで簡単に洗うことができます。

毎日使うものなので、簡単に洗えるのはかなり嬉しいポイントです!

また、ステンレス製でボトルの内側に電解研磨を施し表面を平滑に仕上げているので、汚れや匂いもつきにくいところも嬉しい。

コンパクトで軽い

自宅以外に持ち運ぶことが多い私にとって、コンパクトなサイズと軽量であることはかなり重要です。

トラベルタンブラーのサイズは350mlと500mlの2種類があります。

重さはそれぞれ

・350ml:235g
・500ml:310g



です。

めちゃくちゃ軽い、というわけではないけど、「持ち歩くのに重くない」という軽さは十分満足しています。

「トラベルタンブラー」という名前通り、自転車に取り付けたりアウトドアにも活躍したり、オフィスにも持って行けて、カジュアルにもキレイめにもあらゆる日常シーンに持ち運べるところが自慢です。

▼購入はこちらから

KINTOのトラベルタンブラーを実際に使ってみて便利だったシーン

ここまで、KINTOのトラベルタンブラーの魅力をたっぷり解説しましたが、ここからは実際に私が使ってみて「買って良かった!」と感じた活用例をご紹介します!

より具体的に使用するイメージが湧くと思うので、「買おうかどうか迷ってる…」という人はぜひ参考にしてみてくださいね。

冬の寒い日、屋内での作業

まずは何と言っても、寒い時に「温かい飲み物を長時間飲める」という点が魅力です。

実際に私は真冬の寒い時期に室内作業の際、何度もこのタンブラーに熱々のホットコーヒーを入れて飲んでいますが、大体午前中に入れたコーヒーも、夕方まで冷めずに飲めました。

マグカップに入れていた頃は30分もすれば冷めてしまっていましたが、6時間は「熱々」のまま飲めるので、口にする度に「はぁ〜あったかい…!」と、入れたての風味のまま味わえるのが嬉しい限り。

夜家に帰って洗う時でさえも、ほんのり温かいくらいです。
(私は水分あまり取らないので、350mlでも飲み切らないことが多いのです)

これは頼もしすぎる…!

暑い日のおでかけのお供に

保温だけでなく、保冷効果も抜群なのが嬉しいところ。

先日、初めて暑い日の外出先に氷と冷たい水をトラベルタンブラーに入れて持って行きました。

そうしたら、朝11時頃に入れた水が、夕方家に帰ってきた5時頃までキンキンに冷えていました…!

その日は鎌倉にあじさいを見に行ったのですが、よく晴れた暑い日だったので、外で冷たい水がずっと飲めるのはとっても助かりました。

これから真夏に向けて、私の大好きな夏フェスやキャンプでも大活躍間違いなしで今から楽しみです!

風邪を引いた時にベッドの横に置くホットドリンクとして

先日、風邪を引いてしまい、2週間ほど咳が辛くて夜はなかなか寝られませんでした。

そこで、喉風邪にはハチミツ生姜湯が良いと聞いたので、早速作ってみました。

そんな時も、夜中の間ずっとハチミツ生姜湯を側に置いておきたかったので、トラベルタンブラーが大活躍しました!

トラベルタンブラーなら、コップに移さず、ボトルから直飲みできるので、体が弱っている時でも本当に助かりました。
しかも温かさが長時間続くので嬉しい限り。

意外なシーンにも活躍してくれて、ますます買って良かったと満足しています。

KINTOのトラベルタンブラーはこんな人におすすめ!

さて、ここまでKINTOトラベルタンブラーの魅力をたっぷり語ってきましたが、具体的に以下のような方にはぴったりの水筒だと思います。

▼こんな人におすすめ!

  • 会社員や自宅ワーカーの方のお仕事のお供に!
  • アウトドア好きの方はキャンプやフェスにもおすすめ
  • 日々のちょっとしたお出かけに、ゴツくなくシンプルなデザインの水筒を持ち運びたい方
  • とにかく長時間「温かい飲み物」や「冷たい飲み物」を楽しみたい方
  • 旅先にコンパクトで軽い水筒を持って行きたい方
  • 自転車が趣味の方は自転車に取り付けることも可能


KINTOトラベルタンブラーの概要・取扱店

KINTOトラベルタンブラーの概要についてまとめておきます。

KINTOトラベルタンブラーの概要

・サイズ
350ml/500ml
・重さ
350ml:235g/500ml:310g

・カラー
ステンレス(シルバー)、ホワイト、レッド、カーキ、ターコイズ、ブラック(全6色)

・保温効力
350ml|65℃以上(6時間)
500ml|69℃以上(6時間)

・保冷効力
350ml|8℃以下(6時間)
500ml|7℃以下(6時間)

※豆知識
飲料物を入れる前にあらかじめ少量の熱湯(冷水)を入れ、1-2分程度予熱(予冷)すると保温(保冷)効果が上がります。

KINTOトラベルタンブラーの取扱店

実店舗は今のところなく、基本的にはオンラインでの購入となります。

その他、LOFT等の全国の雑貨店に置いてあることもあるようです。

▼購入はこちらから

まとめ:「KINTO(キントー)」のトラベルタンブラーが最強な5つの理由

やっと見つけた最強の水筒、「KINTO(キントー)」トラベルタンブラーのおすすめポイントは以下の5つでした。

  1. 真空二重構造だから保温も保冷もバツグン!
  2. なめらかで360度どこからも飲める飲み口
  3. 氷がラクラク入って飛び出ない構造
  4. アウトドアでも使える頑丈なステンレス製と表面のパウダーコーティング
  5. オフィスでも使いやすいシンプルでおしゃれなデザイン



使い始めて4ヶ月ですが、買って良かったところしかないです!
本当に、仕事中やお出かけの時、風邪を引いた時などあらゆるシーンで大活躍してくれてます。

「普段使える水筒やタンブラーを買いたいけど、たくさん種類があってどれが良いか分からない…」という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

▼こちらの記事も人気!

・「夏フェスって何着て行けば良いの?」という、夏フェス初心者さんにおすすめの記事です
【夏フェス服装・完全ガイド】女性初心者のための最新おすすめコーデ!おしゃれスナップや基本の服装リストも紹介

・「夏フェスやイベントの時だけ良いカメラを持って行きたい!」という人におすすめの、家電レンタルサービスを紹介してます
「Rentio(レンティオ)」でカメラをレンタルしてみた!<借り方・返却方法・口コミ>


The following two tabs change content below.
ていちゃん

ていちゃん

自然女子インスタグラマー/ブロガー🌻ブログやインスタで自然や四季を感じるスポットを発信してます➡@emitei 世界中の美しい景色を体験して発信したい。たまにwebライターと田舎フリーランス養成講座で運営スタッフやってます。 ■詳しいプロフィールはこちら

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

ていちゃん

自然女子インスタグラマー/ブロガー🌻ブログやインスタで自然や四季を感じるスポットを発信してます➡@emitei 世界中の美しい景色を体験して発信したい。たまにwebライターと田舎フリーランス養成講座で運営スタッフやってます。 ■詳しいプロフィールはこちら