夏フェス初心者必見!フェス歴7年の私がオススメする服装と持ち物リスト

SPONSORED LINK


そろそろ夏フェスの季節がやってきました!

「今年こそは夏フェスに行ってみたい!」という初心者の方に向けて、フェス歴7年の私が過ごしやすい服装や、必須な持ち物をご紹介します!

炎天下の中野外で行われることが多い夏フェスでは、適切な服装や必要な持ち物を備えていくことで、120%フェスを楽しむことができます!!

合わせて読みたい

 

夏フェスでおすすめの服装

帽子

顔だけでなく、意外に頭皮を守ることで熱中症対策にもなるので帽子はマストです!!

できれば、風に飛ばされないようにひも付きで耳も守れるツバの広いものを選びましょう!

Tシャツ

とにかく動きやすくて汚れても良いもの。

できれば速乾性のある生地のものが良いです。

会場でもフェス限定のTシャツが販売されていいるので、毎年違うデザインを集めてみても楽しいかもしれません。

短パンや動きやすいスカート+レギンス

特にコンクリートの会場では照り返しが強いので、できれば素足ではなくレギンスを履くことをおすすめします。

虫除けやケガ防止の面からも、できるだけ素肌を出すことは避けが方が良いです!

スニーカーorつま先を守るサンダル

歩きやすく汚れても良いスニーカーを選びましょう!

涼しさ重視の場合はつま先が隠れるサンダルでもOK!

おすすめサンダルはKEENです!

こんな格好は避けよう

デニムやスウェット

汗が乾きにくい素材は汗で重くなって動きづらい上に、冷えて風邪をひいちゃった、なんてこともあるのでおすすめしません。

素足にビーサン

人混みに足を踏まれたり、怪我しやすい為、やめておきましょう。

ハイヒールや厚底靴

たまに見かけますが…

おしゃれかもしれませんが、動きづらいしアクティブなフェス会場にはあまり似合いません。

夏フェスに必要な持ち物〈必須編〉

マフラータオル

うっかり日焼けしがちな首〜肩にかけて汗もさっと拭けます!

手を吹いたり、お昼寝の時にさっとかけたり…とにかく便利です!

フード付きのバスタオルなどもよく見かけます。

サングラス

紫外線防止にも、視界の良さも断然アップするサングラスはフェスにマスト!

日焼け止め

ライブ中は特に木陰が少なく、日差しを遮るものが少ないため、日焼け対策も必須!

気になる人はアームカバーなどでしっかり紫外線から守りましょう。

アームカバー(気になる人のみ)

以外に盲点なのがアームカバー!

でも圧倒的に一番日焼けする箇所が腕なので、日焼けの気になる方はぜひ持参することをオススメします!

斜め掛けバッグやウェストポーチ

思い切りライブを楽しめるように、両手が空くバッグを選びましょう。

荷物が多くなる場合はリュックでも良いですが、できればライブ中もかさばらない斜め掛けバッグかウェストポーチがベストです!

私はコンパクトなのにペットボトルも楽々入る大容量のグレゴリーのウェストポーチを斜め掛けにして6年愛用してます!

雨具

基本は上下セパレートのレインウェアを用意しましょう!

特にスキー場や山あいで開催されるフェスでは天気が変わりやすい為、雨具は必ず持っていきましょう。

荷物ごとさっと羽織れるポンチョもあると良いかも。

地面が土の会場では長靴を持っていくのもアリです!

私は会場によってAIGLEの長靴を履いていきます!

 

夏フェスに必要な持ち物〈あったら便利編〉

折りたたみイス

フジロックや朝霧ジャムなど、

キャンプも伴うフェスや、イス持参OKなエリアがある会場では折りたたみイスがあると、ゆったり座ってライブが観れます!

私は軽量でデザインもおしゃれなヘリノックスのイスを使ってます!

 

ウェットティッシュ

何かと手が汚れたり、ご飯を食べる時などにあると便利です!

汗ふきシート

ライブの待ち時間などにさっとふくとさっぱりして気持ちいです!

ケータイ用防水カバー

ライブ中に雨が降ると、他の人の邪魔になるので基本的に傘はさせません。

そんな時でも、荷物が濡れてもケータイだけは守りたい時に、防水カバーがあると一安心です。

フェス以外にも、海やプールに行った時に水中でも使えるので一つあると便利です!

まとめ:夏フェスにおすすめの服装と持ち物

夏フェスでおすすめの服装はこちらでした。

  • 帽子
  • Tシャツ
  • 短パンや動きやすいスカート+レギンス
  • スニーカーorつま先を守るサンダル

 
夏フェスに必要な持ち物<必須編>はこちら。

  • マフラータオル
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • アームカバー
  • 斜め掛けバッグやウェストポーチ
  • 雨具

 
夏フェスに必要な持ち物<あったら便利編>はこちら。

  • 折りたたみイス
  • ウェットティッシュ
  • 汗ふきシート
  • ケータイ用防水カバー

 

アウトドア用品などは高価なものもありますが、機能性があるので、デザインも選べば日常で使えるものも多いです。

何より、一度揃えてしまえば何年も使えるものが多いので、この機会に揃えてしまって損はありません!

便利アイテムを揃えて今年の夏フェスを思いきり楽しみましょう!!

▼こちらの記事も人気!

・夏フェスの中で私が一番大好きな「ap bank fes」の魅力をたっぷり紹介してます
【apに行ってみたい人必読】夏フェス歴7年の私がap bank fesをオススメする9の理由

・「夏フェスやイベントの時だけ良いカメラを持って行きたい!」という人におすすめの、家電レンタルサービスを紹介してます
「Rentio(レンティオ)」でカメラをレンタルしてみた!<借り方・返却方法・口コミ>

 

The following two tabs change content below.
ていちゃん

ていちゃん

自然女子インスタグラマー/ブロガー🌻ブログやインスタで自然や四季を感じるスポットを発信してます➡@emitei 世界中の美しい景色を体験して発信したい。たまにwebライターと田舎フリーランス養成講座で運営スタッフやってます。 ■詳しいプロフィールはこちら

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ていちゃん

自然女子インスタグラマー/ブロガー🌻ブログやインスタで自然や四季を感じるスポットを発信してます➡@emitei 世界中の美しい景色を体験して発信したい。たまにwebライターと田舎フリーランス養成講座で運営スタッフやってます。 ■詳しいプロフィールはこちら