千葉県いすみ市のおすすめ観光スポット「ポッポの丘」。レトロな電車で新鮮なたまごかけご飯を味わおう

SPONSORED LINK


いすみ市に来てからもうすぐ1年。

先日、ずっと気になっていた、いすみ市を代表する観光スポットの1つにようやく足を運んでみました。

そこは「ポッポの丘」。

いすみ市ののどかな田園地帯を車で走っていると、ぽつんと小さな丘の上に電車の車両が見えてきます。

さらに、近くには「たまごかけごはんとコーヒー カフェT.K.G」の看板が…!

色々気になる「ポッポの丘」の魅力をたっぷり紹介していきたいと思います。

  • レトロな電車とおしゃれな写真が撮りたい
  • 鉄道オタクだ
  • その日のうちに採れた新鮮な卵の「たまごかけご飯」が食べたい

 

そんな方にはたまらないスポットなはずですよ!

ポッポの丘とは?

ファームリゾート鶏卵牧場が運営する、”観光牧場”です。

ただの農場ではなく、「卵を買いに来るお客さま以外にも、気軽に訪れてもらえる施設にしたい」という想いから、

  • いすみ鉄道など、使わなくなった日本全国の古い車両
  • 車両の中で新鮮な卵かけご飯が食べられるカフェ

などを施設内に設置するなどして、観光客の方にも楽しんでもらえる工夫がされています。

丘の上になぜか古い電車が!?

まず、「ポッポの丘」という名前は聞いたことがあったのですが、何があるのかは知らず…!

近くは畑や田んぼが広がっていて、車で通りかかる度に丘の上にぽつんと見える「カラフルな電車」が気になっていました。

実際に行ってみると、そこには日本全国をかつて走っていた古い電車の車両がいくつか展示されていました。

具体的には

  • いすみ鉄道の古い車両、いすみ204号S63年製
  • 北陸鉄道石川線の古い電車モハ3752S26製
  • 富山県高岡市内を走っていた万葉線の路面電車デ7052S36年製
  • 銚子電気鉄道デハ701、702昭和3年製

 

などなど…!

中には「地下鉄丸の内線454号」なんてのも…!

正直、私にはどれもさっぱり分からないのですが(笑)

鉄道好きの方にはきっとたまらないコレクションなのでしょう…!!

それにしても、なぜここに古い列車を展示したのか…?
理由は分かりませんが(笑)、

戦前、戦後の夢を持って働いた昭和という時代の古い車両の再出発を応援していただけると幸いです。
卵を買いに来てくださるお客様以外の皆様にも、気軽に訪れていただける施設に育てていこうとしております。

(参照:鶏卵牧場公式サイト

 

と公式サイトにも書かれているとおり、安心・安全なたまごを作るため、よりたくさんの人に農場に関心を持ってほしいという想いが込められているようです。

実際「ポッポの丘」は、今ではいすみ市を代表する「観光スポット」の1つとして知られています。

お目当は「カフェT.K.G」のたまごかけごはん!

さてさて、列車も十分めずらしいのですが、私が一番気になっていたのは「ポッポの丘」の中にある「カフェT.K.G」です。

なんと、このカフェではその日のうちに鶏卵牧場で採れたたまごを使った、卵かけご飯が食べらるのです!

「卵かけご飯専門のカフェだなんてめずらしいな…」と思っていたら、鶏卵牧場が運営する施設だったんですね…!やっと繋がりました!

さっそく、楽しみにしていた卵かけご飯をいただきました。

メニューはいたってシンプル。

・生卵
・白米
・お味噌汁
・いわしの角煮

 

これで562円。

他にも

  • カレー(562円)
  • カルビ丼(562円)
  • 牛丼(648円)

 

なんてメニューもありました!
ご飯もしっかり量があるので、お腹いっぱいになります。

お店で卵かけご飯用のお醤油も貸してもらえるので、ぜひかけて食べましょう〜!

味はもちろん、めちゃくちゃおいしかったです!!

やっぱり卵かけご飯は無敵ですね!

あと、付け合せでついてきた、この「いわしの角煮」もめっちゃおいしかった!!

こちらは味付けが濃くて甘いので、ご飯にもばっちり合う!!

この組み合わせさいこー!!

この角煮は千葉県民の給食の定番メニューらしいです。

わざわざ食べに来て良かった!と思えるおいしさでした。

車両の中がカフェやお店に!

先ほどの卵かけご飯、実は展示されてる列車の中でも食べることができるんです!

電車がカフェになってるなんておもしろい…!

確かに電車なら両側が窓で眺めも良いし、カフェにぴったりかも。

なんだか子どものようにわくわくしながら卵かけご飯をかき込みました!

他の車両では、鉄道グッズや鶏卵牧場で採れた新鮮な「庭先たまご」なども買うことができます!

たまにはていねいに育てられた極上の卵を使っておいしい卵料理を作ってみるのも良いかも…!

丘から眺めるいすみ市の田園風景が絶景

さらに、施設内の階段を少し登った丘の上から眺める「いすみ市ののどかな田園風景」がとってもキレイでした!

ちょうど行ったのが4月のあたまで、田んぼに水がはられていて暖かい気温も心地よくて、とっても気持ちの良い眺めでした。

いすみって、こうしてちょっと車を走らせればのんびりした田んぼや畑、たくさんの緑や森が広がっていて、本当に自然が豊かなところだなってつくづく感じます。

アクセス

【住所】
〒298-0135 千葉県いすみ市作田1298

【電話番号】
0470-62-6751

【電車の場合】
いすみ鉄道国吉駅よりタクシーで15分。
いすみ鉄道上総中川駅から徒歩30分

【自動車の場合】
圏央道の「市原鶴舞IC」で降りて、国道297号から465号線をいすみ市方面へ

【営業日】
金曜、土曜、日曜、月曜、祝日
(悪天候は休業)

【営業時間】
10:00~16:00

まとめ:ポッポの丘のみどころ

ポッポの丘に実際に行ってみたら、外から見るだけでは分からない魅力がたくさんありました!

  • 鉄道好きにはたまらない!使わなくなった古い列車が展示されてる
  • その日に採れたたまごを味わえる!「カフェT.K.G」の「卵かけごはん」が絶品
  • 列車の車両の中がカフェや売店になってる
  • 丘から眺めるいすみ市の田園風景が絶景

 

実際に電車に乗らなくても「ほっこり電車旅気分」が味わえてしまうポッポの丘。

週末はこだわりの卵かけご飯を食べにお出かけしてみませんか?

The following two tabs change content below.
ていちゃん

ていちゃん

自然女子インスタグラマー/ブロガー🌻ブログやインスタで自然や四季を感じるスポットを発信してます➡@emitei 世界中の美しい景色を体験して発信したい。たまにwebライターと田舎フリーランス養成講座で運営スタッフやってます。 ■詳しいプロフィールはこちら

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

ていちゃん

自然女子インスタグラマー/ブロガー🌻ブログやインスタで自然や四季を感じるスポットを発信してます➡@emitei 世界中の美しい景色を体験して発信したい。たまにwebライターと田舎フリーランス養成講座で運営スタッフやってます。 ■詳しいプロフィールはこちら